自己破産

「おまとめローン」という選択と「自己破産」という選択

複数の会社から借入れをしている方、つまり多重債務者という言い方がありますが、そういう方にとって悩むところとしては、「おまとめローン」にするのか、「自己破産」にするのか、というところではないでしょうか。

「おまとめローン」に借入れ先を乗り換えれば、複数の会社への返済が精神的にも楽になりますし、以前よりも金利が低くなれば、返済総額も低く抑えられます。しかし、借入れ総額が多いと、支払う利息もやはり多くなってしまうのは、しかたのないことです。

とはいえ、すでにもう支払い返済を滞納させていたり、身動きが取れない状況になってしまっているのであれば、「自己破産」という選択もやむをえません。その場合、弁護士や司法書士に相談をするのがよいでしょう。

「自己破産」について、少し説明しましょう。自己破産というのは、裁判所が間に入って、債務者の財産を金融機関に分け与え、借金をなくすという制度です。この「債務者の財産」というのは、生活必需品以外のもので、お金に換算できるもののすべての財産が、借金返済にあてられます。

住むところがなくなるのでは・・という心配があるかと思いますが、持ち家の場合、約半年、つまり処分執行となるまでは、そこで生活できます。住居が賃貸の場合は、家賃滞納がなければ、退去の必要はありません。