おまとめローン金利の注意点

「おまとめローン」の「金利」について注意すること

「おまとめローン」は、複数の会社からの借入れが、一つにまとめることができて、精神的にも負担を軽減することができる、画期的な商品です。

しかし、ここで少し注意しておきたいことがあります。それは「金利」です。

まずは、現在、借入れを行なっている金融機関・消費者金融の金利と、申し込もうとしている「おまとめローン」の取り扱い会社の金利とを比べてみましょう。

現在、借入れを行なっている金融機関・消費者金融の金利のほうが「低い」場合、「おまとめローン」にしてしまうと、より高い金利を支払わなければならなくなります。

せっかく、負担軽減をしようとしているのに、金利が高くなって、返済総額が増えてしまうようでは、元も子もありません。「おまとめローン」にしたときと、「現在の借入れ先」、どちらの金利が低いのか、よく調べてから申込みをしましょう。

また、「おまとめローン」にした場合、金利が低くなったとしても、その分、返済期間が延びるという場合があります。返済期間が延びて、長期間支払いを続ける、ということは、それだけ、金利の総額も上がってしまうということになります。

とはいえ、個人個人で、月々の返済可能金額も違うことでしょうから、一概に長期返済はダメだとも言えません。 金利の返済総額と返済期間など、様々な視点から見て、バランスのとれた返済計画を立てたいものですね。