おまとめローン比較

おまとめローンでラクチン返済に

「複数の支払日を管理するのが大変」「月々の返済額をもっと抑えられないかな?」
…そんなあなたに提案したいのがおまとめローンです。
おまとめローンとして一本化することで、条件次第では総返済額をかなり少なくすることが可能。支払いを一本化することで毎月の生活に余裕ができ、じっくりと完済に向かえるというメリットもあります。
当サイトでは信頼性の高い大手を中心に、おまとめローンに適した商品をご紹介しています。各業者の公式サイトには返済シミュレーションができるところも少なくありませんので、ローンの内容と共にそちらの方もぜひチェックしてみてくださいね。

>>消費者金融のおまとめローンについて

おまとめローン比較ランキング おすすめBEST5

おまとめローン比較ランキング 第1位
楽天銀行カードローン
安心の低金利、スムーズな手続き、利便性の高さが魅力!

楽天銀行カードローン楽天銀行カードローンはネット専業銀行の利点を最大限に活かした金利の低さが一番の魅力だと言えるでしょう。
特におまとめローンのようなまとまった金額の借り入れの際には、金利の低さが大きく物を言います。また、入会金や年会費なども必要ありません。検討してみてソンはないでしょう。
限度額300万円以下の契約の際には収入証明書が不要なため、手続きがスムーズに進みます。ネット(パソコン・携帯)を介してのサポートも充実しており、大変便利です。

最大借入限度額
500万円
実質年率
4.9%~14.5%
詳しくはコチラ
オリックス銀行 カードローン
低金利なので借り換えにおすすめ

住信カードローン オリックス銀行カードローンは、利用限度額が高く、金利もかなり低いので他社からの借り換え、おまとめローンに適しています。 最短即日審査可能、月々7000円からの返済も可能です。 来店・口座開設・担保保証人が不要、全国に設置の提携ATMで利用手数料終日無料で借入・返済可能です。 まずはインターネットから審査の申し込みを行ってみてください。

最大借入限度額
800万円
実質年率
3.0%~17.8%
詳しくはコチラ
モビット
最高限度額が1~800万円!

モビット 有名タレントさんが出演しているCMで有名なモビット。有名な消費者金融ということで安心感もあるのではないでしょうか。 実質年率も低めですし、借入限度額も多め。 おまとめローンという商品はありませんが限度額1~800万円の頼れるローン。資金使途が自由なのでおまとめ等幅広い使い方が可能です。
以下のリンクから、WEB上で仮審査を申し込むことができます。お気軽にどうぞ。

最大借入限度額
1~800万円
実質年率
3.0%~18.0%
詳しくはコチラ
プロミス

プロミスプロミスは、パートやアルバイトの方のほか自営業(個人事業主)の方も利用できるフリーキャッシングが用意されてます。
フリーキャッシングは契約範囲内なら出し入れ自由のリボルビングシステムで、とにかくフットワークが軽いという点が魅力。民間のキャッシング会社の中では金利が低いため、着実に借り入れ金額を減らしていくことが可能です。

最大借入限度額
1~500万円
実質年率
4.5%~17.8%
詳しくはコチラ
おまとめローン比較ランキング 第4位
アコム
最短30分で審査回答!即日振り込みも可能なフットワークの軽さ

アコム「はじめてのアコム」「むじんくん」などでお馴染みのアコムは三菱UFJフィナンシャルグループということで、民間のキャッシング会社の中では金利が低めの設定になっています。
審査回答は最短で30分。ネットで事前に申し込み、審査後の来店ですぐに借り入れが可能というスピーディーさが魅力です。
期日前の返済や一時的な約定返済金額の減額も可能。利息は利用した日数分のみなので、賢く使えばかなりお得です。

最大借入限度額
500万円
実質年率
4.7%~18.0%
詳しくはコチラ
メニュー
トップページ
サイトマップ
おまとめローン詳細
楽天銀行カードローン
モビット
アコム
プロミス
おまとめローン基礎知識
おまとめローンとは?
申し込む前に
おまとめローンの審査に通らない方は
おまとめローンのメリットと注意点
金利の注意点
借入れる際の業者チェック
おまとめローン申込の一般的な流れ
返済能力があるか?の調査について
返済計画はとっても大切
申込みは慎重に
自己破産という道も

おまとめローンのメリット

複数ある返済日を管理するのは思いのほか大変なこと。「うっかり」がそのまま利息にも結びついてきますし、気持ちの面でも大きな負担になります。
借り入れた金額そのものが減るわけではありませんが、おまとめローンのメリットは決して少なくはありません。

また、借入先をまとめることで1社からの借り入れ額が大きくなることから、金利がぐっと下がるケースが考えられます。こうなれば返済額にも大きな差が出てくる可能性もありますので、ぜひ各社の条件をよく比較検討されることをおすすめします。

この他、多重債務ではなくなることから心理的な圧迫感から開放されるといった、メンタル面でのメリットも小さなものではないと言えるでしょう。

メニュー2
運営者・リンクについて
HSBC香港
三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
シティバンク
金融庁